育毛サプリなどで薄毛にバイバイ髪の毛コイコイ

プロペシアと副作用

AGAの悩みを解消するには、プロの施術を受けるのが最適な方法でしょう。人気のクリニックである城西クリニックの気になる詳細はこちらをどうぞ。

プロペシアで抜け毛対策

薄毛対策をするのであれば早め早めの対策が必要となります。それは、毛母細胞が死んでしまってからはいくら育毛対策をしたとしても回復の見込みがないからです。髪の毛の大半を失ってしまう前に対策する方法がプロペシアの育毛サプリです。フィナステリドという成分が本来ではあるのですが、日本では製品名のプロペシアのほうが有名になっています。抜け毛の原因は、男性ホルモンであるテストステロンと結合して生成されるジヒドロステロンを生成します。これが、薄毛や抜け毛を促進させてしまう原因となっているのです。プロペシアにはこのジヒドロステロンの生成をしにくくする働きがあります。つまり、抜け毛や脱毛の進行を抑えてくれる効果があるのです。

副作用について

プロペシアにも当然副作用があります。それは、初期脱毛です。服用してから1ヶ月から2ヶ月程度で急に抜け毛が大量に増えてしまうのです。これは、衰退期にある髪の毛を脱毛を促進させます。この副作用でショックを受けて服用をやめてしまう人もいるのですが、やめてしまうとまた抜け毛が進行してしまうことになります。この副作用は、正常に薬が効いている証拠でもありますので、はじめはショックですがそこを継続して服用していくことで効果があります。その他の副作用としては、性欲減退、肝機能障害、勃起不全といった副作用が報告されています。服用していて異常を感じることがありましたら、医師に相談を受けてアドバイスをもらうことです。